Dovelog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jdg_sweptaway

オースティンのことで心配というか、苛立ち収まらないところに、やはりオースティンのこと(もの)が、その気持ちを鎮めるべく届いたかのようだ。ようやく、本当にようやく、今日手元に届いたジョン・ディー・グレアムのDVD、"Swept Away"。当然ながら、他のことは全て後回しとばかりに一気に観た。字幕はない。だから、必死の思いで言葉に食らいつかねばならない。とても対訳的なものが浮かんでくるようなレヴェルにはない自分だが、ごく僅かながらも断片的に感覚を理解し、それだけでもノックアウトものだった。

最初に断らねばならないかもしれないこと。それは、本作はいわゆるライヴ作品ではないということ。確かに貴重なライヴ・シーンはふんだんに盛り込まれ、それらを軸に映像を展開してはいるが、中心にはなっていないと思う。なんというか、ジョン・ディーが自らを語っているという感じのものだ。独特の鋭い眼光、積み重ねた年輪と、人間臭さ。時おりアップになるジョン・ディーの表情が、その言葉とともに様々なことを物語っているように思える。

ジョン・ディーの日常を垣間見れるようなシーンもあり、その中でサウス・オースティン・ミュージックやジョーズ・コーヒーなど、少しとはいえ見慣れたオースティンの幾つかの景色を観れるのも嬉しい。幾つかのシーンをトップ・ハット・スタジオで撮影していたのも個人的には嬉しかった。エクストラとして収録された本編並みのヴォリュームのトーク・セッションの中で披露されるスクラッピーのこと、メイン・ギターのことなど幾つかのエピソードも興味深い。また、友人らしき人物が踊っているのが映っていたりしたのも可笑しかった(笑)。

何人かの証言者の中でもひと際重いのは、やはりというかアレハンドロ・エスコヴェトの言葉だ。彼の“白いハウリン・ウルフ”とは、まったくもって至言だろう。個人的に唯一不満があるとすれば、いつ喋るかいつ喋るかと思っていたマイク・ハードウィックがついに最後まで一言も喋らなかったこと。ジョン・ディーの右腕と信じてやまない人物だけに残念だった。しかし、これほどまでの内容を創り上げた制作者が知らなかったはずはなく、実のところ本人がほとんど喋らなかったそうだ。いかにも物静かで出しゃばらないマイクらしい。

残念ながら夫人グレッチェンの出演は写真1枚以外にないが、ロイとウィリーという二人の息子の出演もある。ジョン・ディーがウィリーのことについて語る場面では、その短い言葉に胸が詰まった。ジョン・ディーの曲では、とりわけ"World So Full"には思い入れが深いが、それに次いでいるのが本作のタイトルにもなっている"Swept Away"という曲だ。今回、この曲の後ろにあるストーリーを知り、またそこに込められたジョン・ディーの思いに触れ、何とも言葉にならない。打ちのめされた。人の、彼の、業というものに。
スポンサーサイト
やり場のない怒りというやつで、まったくの勢いで予定外の更新。
ウォルターやスクラッピーが家を失うかもしれない。
そんなロクでもないニュースがはいってきた。

http://www.keyetv.com/content/news/topnews/story.aspx?content_id=5eb5bce5-aafa-4147-8177-b5aa9ac9ed5c

映像中、ウォルターの新曲らしきものに一瞬「オッ」と思ったが、すぐに現実に引き戻された。

この映像だけでは分からないかもしれないが、彼らの住処は非常に特殊なヴァイヴをもっている。たしかに、古いし、汚い。しかし、それこそサウス・オースティンの善き時代を物語るものであり、非常にサウス・オースティンらしいものだ。

ここ2年ぐらいか、行く度にボコスカ建てられているマンションが気になっていたのは。どことなく、嫌な予感はしていたのだ。
いわゆる開発の波というやつだ。
サウス・オースティンは特別であり、ノースとは違う。
それを理解しない馬鹿が、やはり居たのだ。
それに、行政はもっと考えるべきだ。
開発はある程度しかたがない。
しかし、オースティンをオースティンたらしめているミュージシャン達を追いやってどうするのか。オースティンをオースティンたらしめている風景をブチ壊してどうするのか。
冗談じゃねえよ。気分が悪い。もう寝る。
師匠のニュースが幾つか.....

まず、新作、Birth To Boneyardに関して。もっとも、これは完全な新作とは呼べないのですが。これはDiamonds To Dustからヴォーカル・パートを取り除き、代わりに修道士の朗唱、アンビエントな効果音、スライド・ギター、奇妙な鍵盤などといった音を入れたインストルメンタル・アルバムで、かなり映画的なものとのこと。そろそろCD Babyで取り扱い開始のはず....も、待たされてる状態。

また、最近、スレイド・クリーヴスの新作の録音を終え、さらに自身の新作の録音まで終えたとか。自身の新作の方は、曲数が多過ぎて4曲も落とさねばならなかったそうです。それらのリリース時期に関しては、スレイドの方は確かじゃないようですが、自身の新作は来年まで待機させるつもりとのことです。
ボビーの後ろで、Laylaの、あのフレーズを弾くスクラッピー。
そして、エンディングはスティーブン。
歴史は止めるもんじゃないね。動いていくもんだし、動かすもん。
そういう意味じゃ、この国はどうしようもないね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。