Dovelog

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gm_hiroshima_1

gm_hiroshima_2

スポンサーサイト
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
2007年4月19日、午後4時20分。
ついに、本当に、日本に来たのですね。

あなたのことを初めて意識したのは、ルシンダ・ウィリアムスという人のレコードでした。当時、あなたの写真はネット上にさえそんなに出ていませんでした。だいたい、顔さえもよく知らなかったのですから、写っていても分りようがありません。わずかな情報をたぐりよせ、数枚の写真からあなたがどんな顔をしているのかを知り、そうこうしている内にリアルタイムのあなたの顔を写真で拝見して驚いたことも覚えています。総白髪。普段は山奥にすんでる仙人というか変人というか、酔拳に出て来るお師匠さんみたいになってました。リイシューされたルシンダの3作目のブックレットに出ている写真とは殆ど別人です。

あなたに初めて出会った時の印象は忘れがたいものです。唐突な遭遇でした。むっつりとしているというか、不機嫌そうな、目つきというか、表情。なんとも近寄りたい印象でした。
ちょうどビールが手近にあったので、それを何杯かひっかけ、ようやく型通りの挨拶をし、サインだけは頂きました。もう6年も前のことですね。その数日後、短い時間でしたが、どこの馬の骨とも知れぬ自分に時間をさいてお話しを聞かせてくれたことは今でも感謝しています。オースティンという街で、あなたはとにかく尊敬を集めています。皆、あなたを見つけると誰彼ともなく挨拶にやって来て、そこから話しが始まってしまう。限られた時間の中であなたをつかまえるのは大変でした。

ただ、その後、お会いする度に最初の難しそうな印象はなくなってきました。まさに駄目もとでお宅に併設のルートボール・スタジオを見せて欲しいとお願いした時も、意外なほどにあっさり了解してくれましたね。あそこに居た時間というのは本当に夢のようでした。あなたの使われている録音機材は、この素人目にも非常にシンプルに見えました。ヴォーカル録りのブースなんて、来客用の寝室です。こんなもので、あんなレコードを作られていたのかと正直思いました。

しかし、あなたが頑固というのは間違いなさそうです。あの何組も出たショー、よくある話しで時間が押してしまいましたが、あなたは出番になっても演りませんでした。あなたの夫人に話しを訊いてみると、「話しが違う。ワシはやらん」と言ったとか。それでも会場には留まって他の出演者の演奏を観てましたから、「自分が演っては、自分の後の人間の出番が減るではないか」ということだったのかもしれません。

あなたが初めてソロのレコードを出された時は驚きました。それもまた本当に唐突でしたから。それから2枚、そしてつい先日に4枚目。今回は大変に納得のいく出来ということで、
ソングライターとして、またシンガーとして進歩したと語られていましたね。意識したものではないそうですが、「生と死」というテーマが貫かれたシリアスな内容、私も非常に好きです。この世界の常で、賛否あるあなたのレコードですが、私はどれも好きです。あなたのレコードは、どれもどこか奇妙です。ついでにアートワークも変です。そこがまた私を惹き付けてやみません。

よくぞ日本に来ることを了解してくれました。まだ実感がありませんが、明日にはお目にかかります。この日本、広島という土地で。

gm_in_japan

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
“Twang”。大昔、自分が高校の頃だったか。フェンダー・ジャパンのカタログの表紙に踊っていたこの言葉。当時はまったく意識しなかった(意味を考えもしなかった)けど、それから10数年後に大好きになり、ハンドルの一部にまで使っている。もうまもなくに来日の迫ったガーフ・モーリックスの弾くエレクトリック・ギターは、この言葉でまず形容したいシロモノ....とはいえ、それじゃ具体的にどういう音なのか?と訊かれると答えに困るのだけれど(笑)。

この言葉自体は昔からあるみたいだし、自分の持ってる辞書にも出てる。曰く、「(弦楽器が)ブーン、ビュンと鳴る」(笑)。イメージとしては、“電気?”(笑)。まあ、限りなくニュアンスに頼った言葉です。ディストーション(歪み)では無いけれど、微妙に濁っているような、いないような。ガーフの場合、そこにさらに独特の艶というか、きらびやかさがあるという。

もちろん、たくさんのギター使ってますが、基本的に何を弾いても同じような音を出してる(笑)。まあ、エレキの場合、アンプとペダルも音を決める大きな要素だろうし、そこが共通しているというのもあるんでしょうが、やはり名手の場合、何を弾いても自分の音を出す(出せる)というのがありますよね。この人の場合も、もう一聴して、「ガーフだ。間違いない」と必ず分るという音(演奏込みで)です。

しかし、ガーフの使うギターで何と行っても忘れてはならないのが、“グレッチ”です。自分にとっては、“グレッチ”の代名詞は、ニール・ヤングでもなければ、ブライアン・セッツァーでもなく、ガーフ・モーリックス。そして、“デュオジェット”。かのジョージ・ハリスンも愛用し、アルバム、“Cloud Nine”のジャケットでも抱えているアレです。本人も、「グレッチのギターには他にない特殊なサウンドがある」と言っています。

演奏面では、とにかく、余計なことを弾かない。バッキングもソロも例外無く。それに、(たぶん)技術的にそれほど難しいことを弾いてない。ところが、この人にしか弾けないという。上手いギター・ソロ、というと、起承転結、見事にまとめあげたモノというのが一般的。ところが、ガーフの場合、起承転々で、そのままヴォーカリストに戻すという感じ?。自分は、ギターで盛り上がる前の一歩手前でヴォーカルにそれを譲り渡しているような気さえします。広島の仲間内のある人は、「煮えたか煮えんか分らんようなソロ」(笑)と形容します。煮え切らない、といえばそうなんでしょうが、最近、主役はあくまで歌い手だという意識というか、美学のようなものさえ感じます。

本人曰く、「歌う時は、ギターを弾いている時のような感覚がある。それらは、同じで有るべきもので、その点が上手く行けば、説得力を持つ。それが純粋な形だろう。そして、それこそが私の目指しているものだ」ということですが、これはおそらく逆も真なりではないかと思いますね。“ギターを弾いている時は歌っているような感覚がある”んじゃないかと。

だから、“ギター・ソロ”というよりは、“間奏”(笑)。曲の構成上、ヴォーカルが入らないところでギターを入れているだけというのか。そうかといって、ちゃんと自己主張はしている。音数も少ないのですが、とにかく無駄な音が無いというか、一つ一つどの音も必要があってあるべきところにあると思うし、いたずらに長く弾かない。これはライヴでも同じなので、長尺なギター・ソロは期待しないでください。

本人、影響を受けたプレイヤーは、あまりに多過ぎていちいち挙げられないと言いますが、ギターに限らず、音楽的にも絶対に影響があるのが、ビートルズ、そしてジョージ・ハリスン。広島のある知人からは否定されたけど、個人的にはガーフのギター、ジョージ・ハリスンを思い出します。ジョージのあの妙なタイム感、音と音の間の自然だか不自然だか分らない(笑)空きスペース(笑)。ビートルズでも活動開始初期の頃の演奏はお世辞さえ言えない演奏だったけど、ジョージ・ハリスンのあの上手いんだか下手だか微妙な(笑)、いや、たぶん、個性があるという意味では絶対上手いという演奏を、ガーフは思い出させるのです。

ショーに来てくれた皆さんが、ガーフのギターに生で触れて、どんな感想を持たれるのか、今から楽しみです。
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
どこの局か訊いてませんが、ごく最近のラジオのインタヴューです。本人がくれたもので、必要に応じて好きに使ってくれていいと。

どうにもMP3に変換できず、とりあえず、2種類のファイル形式で自分のサーヴァーにアップしてみましたが、どうも音が途切れて聴き辛い感じ。 ここら辺りのファイル形式とか、アプリの知識とかゼロでやってますんで、まあお許しを。以下で聴けます。

http://www.geocities.jp/twangup/gurf/gurf_interview.asx

http://www.geocities.jp/twangup/gurf/gurf_interview.asf
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
~ルシンダ・ウィリアムスの後ろにあった声

近年、「ルシンダ、ルシンダ」と騒ぐ人は多くなりましたが、自分は、「どうもな....」と。それは決して彼女がメジャーと呼ばれる存在になったからではないのです。マイナーからメジャーになると、それだけで冷めてしまう人もいますが、そんな事、自分的には最初っからどうでもいいことだから。

あの一大傑作、“Car Wheel on A Gravel Road”以降も、もちろんルシンダは素晴らしいレコードを創り続けてるけど、自分はどおも今ひとつ乗り切れない。
それは、かつて、彼女の魅力の大きな部分を担っていたものが、現在は無いからで。過ぎさったことを何時までも....とも思うけれど、それもまた人間ということで....。

ルシンダ・ウィリアムスを最初のアルバムから聴かれてる人ならたぶん解ると思うんだけど、3作目から彼女らしさがより出たというか、方向性が固まったという印象がある。1、2枚目と、フォーク&ブルースに影響された女性シンガー・ソングライターとして非凡な面は見せていたけれど、これがルシンダ・ウィリアムスだという決定的なところまではいってなかったと思う。

その3作目と4作目のアルバムからプロデュースを手がけ、現在にいたるまでのルシンダ・ウィリアムスのスタイル、その原型を形成するうえで非常に重要な役割を担った人物と表現して差し支えないと思うのが、今回、来日してツアーを行うガーフ・モーリックスという人物だと思う。ある意味において、ルシンダ・ウィリアムスを創ったのはこの人ではないかと、今になってルシンダの、特に3作目を聴いていると、つくづく思う。

ガーフにとっても、あれがプロデュサーとして、事実上、初めての仕事だったから、そらもうプロデューサーもプロデューサーですげえなと。どこのジャンルにもくくることが難しい、“ルシンダのアメリカの音楽”に、どういうバックをつけ、まとめあげていくか。フタを開けると方向としては至極シンプルな形で、タネもしかけもなく、ただ単純に個々の個性と歌を最大限に活かすということに徹したやり方で。

また、理屈抜きで、ルシンダの声とガーフのギターの相性が抜群だとも思うし。それに、ギターだけでなくガーフのあの声(バック・ヴォーカル)も。この辺りのことは計算してできることじゃないと思うから、両者の出会いが生んだマジックだったんだろうけど。まあ、出会いがあれば別れることもあるから。

ルシンダと訣別した後、プロデュースで幾つかかなり素晴らしい成果もあげてるけど、思うにルシンダとの仕事を越えたものは......たぶん無い.....今のところ。やはり、ベストなコンビだったのか。その辺りはルシンダも自覚していたのか、訣別直後はステージ上から「もう一度共に活動を」と呼びかけたこともあったとかなかったとか。とはいえ、そう簡単にブッ壊れたものが元に戻るはずもなく。経緯から想像すると、どうもちょっと非はルシンダにありそうだし。

しかし、何時までも過ぎた過去に引きずられてても仕方ないわけで、現在のルシンダは、また違う方向に行っているような気がする。まあ、そうじゃないと犠牲を払った意味はないだろうから....。
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
そういう訳で、いきなり告知だったりしますが(笑)。
あのガーフ・モーリックスのツアー、やります。
来日自体は19日なんで、もう3日後か。
まだ実感ないなあ。
ホントにやんの?、ホントに来るの?という感じで(笑)。
日程以下です。
予約もここで受け付けてしまいます。
ホント、我ながら稀少な機会だと思うんで、お観逃しなく。


Dove World Headquarters Presents
Cafe Goatee Supports

Voice from Austin, Texas vol. 9

Gurf Morlix / Diamonds to Dust Tour in Japan 2007

Information : Dove World Headquarters
http://www.myspace.com/dwhq03

4. 21(土)広島 ミュージックライフ タオ Hiroshima at Music Life Tao
Open 6:30 / Start 7:30 予約¥4,000 / 当日¥4,500 * ワンドリンクつき
with Fighting Ducks
(問)タオ 082-262-7744(メール)tao_m_h@ybb.ne.jp

4. 22(日)広島 ウィンドフォール・カフェ Hiroshima at Windfall Cafe
Open 5:00 / Start 6:00 予約¥3,500 / 当日¥4,000 * 要ワンドリンク・オーダー
Acoustic Solo
(問)ウィンドフォール・カフェ 082-242-0030(メール)windfall_mit@ybb.ne.jp

4. 26(木)京都 ケニーズ Kyoto at Kenny's
Open 7:00 / Start 8:00 予約¥3,500 / 当日¥4,000 * 要ワンドリンク・オーダー
with Wednesday Music Club
(問)ケニーズ 075-451-3797(メール)info@k-country.com
http://www.k-country.com/kenny's_2.html

4. 27(金)大阪 レインドッグス Osaka at Raindogs
Open 7:00 / Start 7:30 予約¥4,000 / 当日¥4,500 * 要1,000円分飲食チケット
with Wednesday Music Club
(問)レインドッグス 06-6311-1007(メール)raindogsmail@ybb.ne.jp
http://www.raindogs-web.com/toppage.html

4. 28(土)東京 弁天 Tokyo at Benten
Open 7:00 / Start 8:00 予約¥4,000 / 当日¥4,500 * 要ワンドリンク・オーダー
with Prince Trust
(問)弁天 03-5340-8270(メール)music@benten55.com
http://www.benten55.com/

4. 29(日)鎌倉 カフェ・ゴーティ Kamakura at Cafe Goatee
Open 6:30 / Start 7:00 予約¥3,500 / 当日¥4,000 * 要ワンドリンク・オーダー
Acoustic Solo
(問)カフェ・ゴーティ 090-8430-9708(メール)info@cafegoatee.com
http://www.cafegoatee.com/

4. 30(月/祝)横浜 サムズ・アップ Yokohama at Thumbs Up
Open 6:00 / Start 7:00 予約¥4,000 / 当日¥4,500 * 要ワンドリンク+ワンフード・オーダー
with Prince Trust
(問)サムズ・アップ 045-314-8705(メール)live@stovesyokohama.com
http://www.terra.dti.ne.jp/~stoves/tup/
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
ようやくというか、いまさらというか。
ブログ新設しました。
このページのリンクにあるとおり、mixiもやってますが、mixiに参加している人以外にも情報出さないといかんと思いまして。

話題は音楽です。
たぶん、これ“だけ”になると思います。
あと、ほとんどmixiと同じになると思いますが、宜しくおつきあいください。
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。